【2023】HSBC香港の銀行口座を放置するとどうなるのか?口座維持手数料も解説

HSBC香港銀行の口座は、24ヶ月間放置すると凍結されてしまいます。凍結されると解除手続きに手間がかかるなどのデメリットがあるため、事前の対策が必要です。そこで今回はHSBC香港銀行の口座凍結を防ぐためにできることや、口座を維持することのメリットなどについて解説します。

HSBC香港の口座を放置するとどうなるのか

HSBC香港銀行の口座は、24ヶ月の間に一度も出金、送金、資金移動のいずれも行っていないと凍結されてしまいます。

口座凍結により停止される機能は以下のとおりです。

口座が凍結されることによるデメリット

口座が凍結されると、次のようなデメリットがあります。

凍結された口座を解除するにはHSBC香港銀行のサポートサービスへ電話をする必要があります。英語か中国語で対応しなければならず、自力での解除はハードルが高いと感じる人もいるでしょう。

\英語が苦手、丸投げしたい、面倒、プロに任せたい/

HSBC香港銀行より口座凍結の注意喚起が来たら要注意

HSBC香港銀行の口座が凍結されそうな状態にある場合、事前に登録してある携帯へ注意喚起のSMSが届きます。
注意喚起の通知が来たら、すぐにATMで出金する、もしくはインターネットバンキングで資金移動をして凍結を回避しましょう。この際、以下の点に注意が必要です。

また、以下の場合には迅速な資金移動が難しいため、解決手続きをしている間に凍結されてしまうリスクがあります。

久々の取引では上記の問題が発生しやすいため、今回紹介する口座凍結の対策を講じておきましょう。

ATMカードや暗証番号の紛失でお困りの際はOSSJのサポートへお問い合わせください。

HSBC香港の口座凍結を防ぐには

HSBC香港銀行の口座凍結を防ぐために、24ヶ月に1度以上は出金、両替、送金といった資金移動を行う必要があります。例えば、以下の取引で凍結を防止可能です。

HSBC香港銀行口座のお金はセブン銀行やゆうちょ銀行など、Union Payと提携している銀行のATMで出金できます。この際、HKD Savingからしか出金できないのでご注意ください。(マスターデビットカードを除く)

HSBC香港口座を持っているメリット

HSBC香港銀行の口座を開設したものの、利用頻度があまり多くない人にとっては口座凍結のリスクもあり、口座を維持するメリットがあるのだろうかと考えることもあるでしょう。

HSBC香港銀行の口座を維持するメリットとして、以下が挙げられます。

HSBC香港銀行の魅力は、その利便性の高さにあります。セブン銀行やゆうちょ銀行など身近にある銀行がUnion Payと提携しており、日本においても利用しやすい環境です。

また、HSBC香港銀行に口座を持つことで日本では投資できない銘柄へ投資ができることからリスク分散効果も期待できます。

2019年8月1日より口座維持手数料が一部撤廃

2019年7月末までは、口座のグレードによって決められていた必要最低預入残高を下回ると、口座維持手数料が取られていました。

そのため、HSBC香港の口座を放置している間に口座維持手数料が引かれ続け、最終的に残高不足となってしまった場合は口座の閉鎖やブラックリストに載るリスクがありましたが、現在はONEの口座維持手数料は廃止されているため、残高が少なくても手数料が取られてマイナス残高によりブラックリストに入るリスクが少なくなりました。

2023年1月現在における口座のグレードと必要最低預入残高および維持手数料は以下の通りです。

        
口座のグレード 必要最低預入残高 維持手数料
Jade 780万HKDなし
Premier 100万HKD月額380HKD
ONE なしなし

HSBC香港銀行の口座解約のポイント

24ヶ月に1度以上は資金移動をして口座を稼働させる必要がありますが、やはり口座を解約したいと考えるケースもあるでしょう。

口座が凍結されている場合は先に凍結解除手続きが必要になります。まずは口座の状態を確認し、必要な手続きをとりましょう。

口座状態の確認や凍結解除のお手伝いが必要な場合はOSSJにお任せください。

HSBC香港銀行の口座は24ヶ月に一度以上は稼働させよう

HSBC香港銀行の口座は24ヶ月間に一度も資金移動がないと凍結されてしまいます。

HSBC口座は海外投資等、目的がある方にとっては非常に便利な口座となっておりますが、英語が苦手だったり特に理由もなく香港に行ったついでに記念で開設した方にとってはあまりメリットを感じない口座ではないかと思います。

口座の凍結解除や解約の手続きをご検討されている方がいらっしゃいましたら、まずはお気軽にOSSJへご相談ください。

\英語が苦手、丸投げしたい、面倒、プロに任せたい/

サポートの実施までは簡単4ステップ。まずは以下のフォームからお客様の状況をお知らせください。

  • お問い合わせ

    お問い合わせ

  • 内容確認お見積り

    内容確認
    お見積り

  • お支払い

    お支払い

  • サポートの実施

    サポートの実施

お客様の状況をお伺いし、おひとりおひとりに合わせたサポートを提供しております。
まずは以下のフォームよりお客様のお困りの状況をお知らせください。
弊社の専門スタッフが内容を確認して必要なサポートをお見積り・ご提案いたします。
※提出される資料の充実度や、商品の内容により追加で費用がかかる場合がございます

お問い合わせ・お申し込みはこちら

LINEでのお問い合わせも可能です!
下記のボタンから「友だち追加」して、お問い合わせください。

友だち追加